赤字を乗り越え成長を続けるAmazon。社会への影響も懸念されています。

Amazon

Amazonのロゴ

日本でお馴染みとなったネット通販のAmazonは、すっかり生活に根差したと言えるでしょう。
近年ではショッピングに留まらず、動画配信や音楽配信など様々なサービスを展開しています。
これに追従する企業もなかなか現れず、ネット通販の業界ではAmazonが圧倒的なシェアを持っているのです。

 

唯一追従出来そうな楽天市場は、世界規模で見るとまだまだ発展途上です。
世界に流通網を持つAmazonの影響力は途方もないのです。
Amazonがどのように発展して来たのか、ビジネスモデルを含めて簡単に解説して行きます。

 

Amazonの基本情報

1994年にAmazonは誕生し、現代まで成長と拡大を続けているのです。
名前の由来はエキゾチックで変わった場所という意味が、実現させたいネット通販ビジネスのイメージに近かったからだと創業者が語っています。

 

Amazonの業績アップ

驚くべきことに、Amazonは長らく赤字が続いていて経営が危ぶまれていました
将来へ向けた投資を重視した結果、目先の利益はマイナスになっていたのです。
しかし、2001年には黒字化に成功し、そこからは目覚ましい発展をして行くことになります。

 

Amazonが行っていたのはロングテール戦略と呼ばれるもので、売れにくいものでも大量に扱えば利益になるという考え方です。
実店舗を持つ商店では売れにくい商品は陳列しませんが、Amazonはページを1つ増やすだけなのでリスクがほとんどありません。

 

こうした戦略がAmazonを発展させ、電子書籍のkindoleや動画配信サービスなどが誕生したのです。

 

主なサービス内容

メインはネット通販のECサイト事業で、Amazonには膨大な商品が登録されています。
マイナーな商品も多数登録されているため、ニッチな需要に応えられているのも高評価の理由です。
Appleの純正品ストアもAmazonにオープンし、さらに需要が高まっています。

 

このECサイトをプラットフォームにして多種多様なサービス展開をしているのがAmazonの強みでしょう。
Prime Videoの動画配信サービスや音楽配信、AWSというクラウドサーバーのレンタルや支援、電子書籍のkindleなどが挙げられます。
アフィリエイトサービスも行っており、商品を紹介した人に売上の一部を還元する仕組みもあるのです。

 

社会的な影響や問題点

実は、Amazonの社会的な影響は非常に大きく政府も気にするレベルです。
Amazonが普及したことにより、小規模な店舗や個人商店が少なからず廃業に追い込まれているのです。

 

さらに問題なのが、Amazonの税金対策により社会福祉の財源が減ってしまうことです。
本来ならある程度の税収が見込まれるのに、Amazonが税金対策をすればするほど減ってしまいます。
配達員の負担増が社会問題になるなど、Amazonが与える社会的な影響は幅広いのです。