SNSといえばFacebook!eコマースのサービスも開始しました。

Facebook

Facebookのロゴ

実名を使ってリアルな人の繋がりを実現するならFacebookが最適でしょう。
プライベートやビジネスでの関係構築に適しており、利用者は今も増加しています。
企業によってはFacebookが提供するMessengerを社内ツールに用いているケースもあるほどです。

 

SNSの代表格であるFacebookは最近話題のインスタグラムのサービスも運営しています。
登録者は世界で20億人を突破しており、海外の人との繋がりも実現出来るでしょう。
ここではFacebookのビジネスや概要を紹介して行きたいと思います。

 

Facebookの基本情報

人との繋がりを実現するFacebookはハーバード大学の学生により生み出されました。
当時はハーバード大学のメールアドレスを持つ大学生限定で機能が提供されていたのです。
その後、他大学の生徒や高校生でも利用出来るように拡大し、Facebookは今に至ります。

 

匿名が主流だった2000年初めの時代に、実名登録制を行っているのもFacebookの特徴でしょう。
プロフィールを充実させることで、昔の学校の同級生や同僚と簡単に繋がれるのも魅力です。

 

主なサービス内容

Facebookのサービスイメージ

基本情報で触れたように、リアルな人の繋がりを作れるのが主なサービス内容です。
実名登録なので不用意な発言が少なく、荒れにくいのも1つのメリットになっているでしょう。

 

近年注目が集まるインスタグラムのサービスがあるのも忘れてはいけません。
若い世代を中心に人気のインスタグラムは、Facebookに良い影響を与えて相乗効果を生み出すでしょう。

 

バージョンアップも頻繁にあり、Facebookに投稿された商品を購入出来るソーシャルコマースという機能も実装されました。
新しい形の流通が発生しますし、そこにプロモーションなどの需要も出て来るはずです。
SNSとしてはもちろん、市場としても大きな価値を持っているのです。

 

社会的な影響や問題点

Facebookは20億人以上が利用するSNSで、様々な宗教や価値観が混在しています。
そうすると出て来るのが意見の不一致によるいざこざです。
プラットフォームとして場所を提供しているFacebookに批判が集まってしまうのも仕方がありません。
また、ストーカー行為や嫌がらせも社会的な影響力があるので対策が急がれるものでしょう。

 

そして見逃せないのがFacebookによる個人情報の流出です。
5000万人のアカウントやパスワード、クレジットカード情報などが流出していた問題をFacebookが公開しています。
世界的な影響力を持つからこそ、セキュリティー対策は厳重にして欲しいものです。
個人情報や趣味趣向や宗教観など、すべての情報をFacebookに握られてしまうのは情報社会の問題点だと言えます。

 

検索エンジンをはじめとした様々なサービスを提供しているGoogle。
下記のページでは会社概要から社会的な影響を調査しまとめています。

Googleの影響力