Googleの問題点とは?依存しすぎには注意しましょう。

Googleの影響力

Googleのロゴ

GAFAの4大企業に含まれるGoogleは、多くの人にとって馴染み深いものになりました。
インターネットで検索することを「ググる」と呼ぶように、検索エンジンの存在感が一際強くなっています。
無数の動画が集まるYoutubeもGoogleのサービスで、毎日多くの人が視聴しているでしょう。

 

ビジネスシーンでも大活躍するGoogleは生活する上で無くてはならない存在になったのかもしれません。
そんな世界を牛耳るとも言われるGoogleの基本情報、そして展開するサービスを見てみたいと思います。

 

Googleの基本情報

Googleは1998年に2名の青年によって創業された会社です。
世界中の情報を整理して、世界中の人がアクセスして使えるようにすること」を経営理念に掲げているのです。
膨大なデータを処理するために、世界で100万台以上のサーバーが運用されているとされています。

 

斬新な働き方やユニークなサービスは話題になり、今では世界で活躍する超一流企業として名が知られているでしょう。
知らないだけで日常のどこかにGoogleが関わっている可能性は高いです。
近年では人工知能の分野に力を入れており、多方面でその効果を発揮しているのです。

 

主なサービス内容

1つ1つ挙げて行くとキリが無いほどGoogleは多種多様なサービスを展開しています。
GmailやGoogleドライブは無料で使えることもあって、多くの人が利用しているでしょう。
キャッシュレス決済に対応したGooglePayの登場も注目されており、利用率が徐々に増えているのです。

 

Googleインターネット広告イメージ

ビジネスシーンでは、Google AdSenseGoogle AdWordsなどのインターネット広告が利用されています。
その他にも、Googleアナリティクスで利用者のアクセス情報を分析するツールもビジネスで活用されているでしょう。

 

Youtubeの動画サービスや音楽事業などもあり、Googleはあらゆる分野でビジネスを行っているのです。
今後も拡大と成長をして行くGoogleが、どのような変革をもたらすのか注目してみてください。

 

社会的な影響や問題点

インターネットへのアクセスにGoogleを使っている人は多いでしょう。
もしそんなGoogleが情報統制や規制を始めたらどうなるでしょうか?
正しい情報が検索にヒットせず、偽の情報を見せられる恐れがあるのです。

 

こうした懸念からGoogleだけ突出した影響力を持つ状況を回避するべきとの意見があります。
日常の中にGoogleがあり過ぎるのは問題なのかもしれません。
便利な道具として使う分は良いですが、依存し過ぎるのは危険なので覚えておきましょう。