社会に圧倒的影響を与えるAppleについて、わかりやすく解説します。

Apple

アップル社のロゴ

MacやiPhoneでお馴染みの企業がAppleです。
高いデザイン性とおしゃれさが愛されており、世界に名を轟かせています。

 

日本ではiPhoneが高い人気を得ており、特に女性の心を掴んでいるのが大きいでしょう。
小さくて持ちやすいiPhoneは利便性が高く、ケースで様々なアレンジが出来るのもメリットです。

 

また、今は亡きスティーブ・ジョブズが残した数々の偉業がAppleの覇権に繋がっているのです。
革新的なサービスを世に送り出したAppleのこれまでを見てみたいと思います。

 

Appleの基本情報

主にハードウェア製品の開発を行っており、その代表格となるのがMaciPhoneです。
元々はパソコンのMacが主力事業でしたが、iPhoneやiPodの方が大きな利益を出すようになったのです。
そうしたことから、今ではiPhoneやiPodの事業に注力している状況です。

 

ちなみに、2018年の時点で株式の時価総額がアメリカで史上初の1兆ドルを超える偉業を達成しました。
スティーブ・ジョブズのビジネスに対するこだわりや先見性が、Appleをここまで発展させたのは間違いありません。

 

主なサービス内容

iPhoneを使用する女性

前述したようにiPhoneとiPodが主力商品になっており、利益の大半がここから生み出されています。
Macが主力事業だった頃は「Apple Computer Company」という企業名でした。
しかし、iPhoneの需要が拡大したのをきっかけに、社名を現在の「Apple Inc」に変更したのです。

 

他にも、音楽を取り扱うプラットフォームのiTunesやウェブブラウザのSafariなどインターネット関連でサービスを展開しています。
クラウドにデータ保存するiCloudや電子書籍のiBooks StoreもAppleが提供するものです。

 

App Storeは分かりやすいプラットフォーム事業の1つで、多くの企業や個人がアプリを配信しています。
その売上の一部をアプリ掲載料として徴収するビジネスモデルは、まさに場所を提供するAppleの戦略です。
膨大なビッグデータを形成する一端も担っていますし、iPhoneの普及を促す相互作用も見込めるでしょう。

 

社会的な影響や問題点

日本で普及しているiPhoneは個人情報の塊だと言って良いでしょう。
もしそれが漏洩してしまったら、大勢の人が不利益を被ってしまいます。
特にビッグデータを持つGAFAの企業にはセキュリティーを強化してもらわなければなりません。

 

市場の独占なども懸念されるため、法律の整備や競合企業の登場が待ち望まれています。